未分類

【経験者が教える】海外の現地採用の注意点まとめ

みなさんこんにちは!Sakaming!(@sakaming_)です。

今日のトピックは「現地採用として働く前に知っておいた方がいいこと」です。

私は新卒でインドで現地採用として働いていたので、同じく現地採用として働きたい方から相談を受けることがよくあります。そんな時に必ず伝えていることをまとめました。

あくまでも個人的な意見ですが、ぜひ参考にしてみてください。

現地採用は基本的にキャリアアップが難しい

これは一般論ですが、現地採用としてただ海外で働いていただけでは、その後のキャリアアップは難しいと思います。昔は現地採用として海外で働く人は珍しく、それだけで評価がされていた時代もあったそうですが、今は現地採用自体はあまり珍しくありません。

また、現地採用は裁量権の少ない仕事や、専門的でない仕事が多いので、長く働いても市場価値が上がりにくいという問題もあります。仕事内容も、日本にいた時の方が専門的なことをしていたと語る現地採用の方も多くいます。

現地採用から本社採用になったケースや、エリアマネージャーになったケース、日本へ帰国後に某大手ベンチャー企業の海外採用担当になったケースなど、キャリアアップした例ももちろんありますが、「現地採用の経験の売り方」を考える必要があると思います。

英語力が身につかないことも多い

海外で働くとなると英語が必須だと思われがちですが、実は海外の現地採用求人は英語をそれほど必要としないものも多くあります。例えば日系企業で営業として働く場合は顧客は日本人であることが多く、社外では日本語の使用が圧倒的に多くなります。

英語力をアップさせたくて現地採用として就職したのに、実際は英語の使用頻度がとても低く、全然英語力が上がらないというケースもありますので、求人を探す際には注意が必要です。

海外でも日系企業は日本的働き方


残業やお付き合いの飲み会が多かったり、社内の人間関係がこじれていたり、日本的な働き方に疲れて海外現地採用を目指す方も多くいますが、海外であっても日系企業は日本的な働き方であることがほとんどです。

特に海外に現地法人を持つような企業は大企業や昔ながらの製造業が多く、日本的な働き方である確率は高いと思います。

さらに、日本の本社は残業代が出るのに、現地法人は残業代が出ないという会社も多々あります。

私が現地採用としてインドで働いていたときは、夜中までサービス残業をしている友人がいました。営業職の女性が、飲み会にかり出されるなんてことも日常茶飯事です。

転職エージェントの質が低い場合も

現地採用として就職する方法として一般的なのは日系の転職エージェントを経由する方法です。基本的には、ウェブサイトから転職エージェントに登録し、その後担当者とスカイプ面接をして求人を紹介してもらうという流れです。

転職エージェントというと転職やキャリアのプロと思われがちですが、現地採用案件を扱っているエージェントはそうでない場合も多くあります。例えば、日本の大手エージェント、現地採用案件を扱うのは現地法人の担当者であることがほとんどです。

担当者自身も現地採用として転職エージェントに就職しており、キャリア相談の経験が少なく、さらに現地の事情もあまりわからないというケースも多々見てきました。求職者とのキャリア相談を、インターンの大学生に任せているエージェントもあるくらいです。

さらに、紹介料を稼ぐことだけに目がくらみ、転職者のことを一番に考えていない悪質なエージェントもあります。

転職エージェントを頼りっきりにせず、複数のエージェントを使って情報を収集し、最後はしっかり自分で考える必要があります。

現地採用の注意点まとめ

現地採用として働く際の注意点はたくさんありますが、今回はその中でも誤解されていることが多い点についてまとめました。

日本を出て、現地採用として海外で働くことは多くの人にとって一大決心だと思います。勇気を出して現地採用を目指す方が、より良い働き方ができるよう、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

ではまた!